子宮内膜増殖症の手術なら入院期間はどれくらい?

子宮内膜増殖症 手術 入院期間

子宮内膜増殖症を治すためには手術が必要になることが多いです。
手術は基本、全身麻酔です。

全身麻酔って怖いですね。
全身麻酔をかける前にお薬を注射で入れます。
一瞬で意識を失います。

そうなるとあなたは無抵抗です。
何しても感じません。お医者さんのやりたい放題です。
怖いですね。

手術で解雇

他にも手術で怖いことがあります。
もしあなたがお仕事をしているようなら入院期間が長いと
それだけ、上司に「お前クビだ!」と言われやすいです。

クビにならなくても、同僚から冷たい視線を浴びるかもしれません。
「なんでこの人、こんなに長く仕事休んでるの!?」
と噂されてしまうかもしれません。

そこでこの記事では子宮内膜増殖症の手術だと
入院期間はどれくらいになるのか、解説したいと思います。

子宮内膜増殖症の入院期間を知っておけば
上司や同僚に説明して同意を得やすいでしょうから。

スポンサードリンク



子宮内膜増殖症の手術だと入院期間はどうなる?

手術

子宮内膜増殖症の手術は

・子宮内膜掻爬術
・子宮全摘

のどちらかです。

当然のことですが子宮全摘手術を受けると
一生赤ちゃんを産めない体になります。

なのでしっかりとお医者さんと相談のうえ、
どの手術で子宮内膜増殖症の治療を受けるか決めるようにしましょう。

で、子宮内膜掻爬術だと入院期間は2〜3日です。
子宮全摘手術なら入院期間は1〜2週間になることが多いです。

こんな感じで同じ子宮内膜増殖症の手術であっても手術方法によって
入院期間が全く違います。

なのでしっかりとお医者さんに相談のうえ、手術方法を決めるようにしましょう。

こちらも参考に! ⇒子宮内膜増殖症の原因は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 08日
  2. 2017年 9月 09日
  3. 2017年 9月 14日
  4. 2017年 9月 20日
  5. 2017年 10月 03日
  6. 2017年 10月 31日

ページ上部へ戻る