子宮筋腫手術後に出血が続く原因は?

子宮筋腫 手術後 出血 続く

子宮筋腫の手術に限ったことではありませんが
手術後に出血が続くと、すごく不安な気持ちになりますね。

ただでさえ、全身麻酔での手術です。
全身麻酔がかかる直前の意識を失う瞬間とか
術後に目を覚ました時に尿道口にカテーテルが入っている感覚とか
不安や怖いことばかりです。

それに加えて手術後に出血が続くんですから
不安になるのは当然です。

この記事では子宮筋腫の手術後に出血が続く原因について解説します。

スポンサードリンク



子宮筋腫の手術後に出血が続くのはなぜ?

血液の色

あなたの陰部から出ている血液は
どんな色をしていますか?

血液の色には

・真っ赤な鮮血
・黒っぽい血液

の2種類に分かれます。

真っ赤な鮮血は出血したての新鮮な血液です。
なので手術した場所から、今も出血している可能性があります。

心配ですので、すぐに病院に行くか、あるいは
病院に電話して相談してください。

次に黒っぽい血液だと、あなたの体のどこから出血したけど
だいぶ時間が経ってから陰部から出てきた血液です。

黒っぽい血液だと、手術中に出血したものが
時間がたち、今になって陰部から出てきた可能性が高いです。

もう少し時間が経ったら改善する可能性が高いです。
ただ、ご心配でしたら、必ず病院に行って医師の診察を受けてくださいね。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の全摘手術で起こりうる5つの後遺症とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 12日

ページ上部へ戻る