子宮筋腫の大きさや重さってどれくらいになる?

妊娠中でも手術が可能

子宮筋腫がどんどん大きくなると子宮全摘手術が最善の手術になります。
子宮全摘手術を受けないと20分で
ナプキンがびっしょりになるほどの生理の出血が止まらなくなることがあります。

子宮筋腫は女性ホルモンの影響で、できる良性のシコリです。
全身に転移して命取りになることはありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
子宮筋腫とはわかりやすく解説するとこうなる

便秘や頻尿

でも放っておいたら子宮筋腫がどんどん大きくなってきて
膀胱を圧迫して20分に1回、トイレに行きたくなることがあります。
腸を圧迫したら便秘になり、毎日下剤を飲まないとスッキリしなくなることもあるんです。
この記事では子宮筋腫の大きさや重さってどれくらいにまで成長するのか
解説した行きたいと思います。

スポンサードリンク



子宮筋腫が成長すると大きさや重さはどうなる?

鶏卵大の大きさ

まず子宮筋腫の重さですが、
鶏の卵くらいの大きさだったら70g前後になります。

これがどんどん大きくなってくると2kgくらいになることもあります。
これくらいの重さになると、腹腔鏡という傷跡が少なくて済む手術です
筋腫を摘出するのは難しいです。
基本的には傷跡が大きく残りやすい開腹手術になります。

それから子宮筋腫の大きさですが、
小さいものなら数ミリくらいで大きくなると10cmを超えることもあります。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の大きさが2センチってどんな感じ?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 08日

ページ上部へ戻る