子宮筋腫で検査入院になる場合とは?入院日数はどれくらい?

子宮筋腫 検査入院

もしあなたの体に子宮筋腫ができていたら
お腹をどんどん圧迫して便秘になったり頻尿になったりします。
不妊症の原因にもなります。

ベビ待ちの女性だったら子宮筋腫は大敵です。

そんなこともあって
定期的に子宮機種ができていないか
あるいは大きくなっていないか、検査に行く方も多いです。

子宮筋腫の検査はたいてい日帰りです。
検査が終わったら家に帰ることができます。

ですがまれに検査入院になることがあります。
どんなときに検査入院になるのでしょう?
あと、検査入院になるとしたら入院日数はどれくらいになるのでしょうか?

スポンサードリンク



子宮筋腫で検査入院になる原因と入院日数は?

医師

検査で入院が必要になるのは精密検査が必要だと
お医者さんが判断した場合
です。

・子宮筋腫がかなり大きい
・子宮筋腫ができている場所がかなり悪い

などが原因で麻酔をかけてきちんと検査した方がよいだろうと
お医者さんが思ったら入院して検査がすすめられることがあるってことです。

具体的には子宮鏡検査という胃カメラの子宮検査バージョンを行う場合には
検査入院となることが多いですね。

子宮鏡検査自体は10分くらいで終わります。
でも、麻酔が必要です。

だから場合によってはそのままお泊まりとなるわけですね。

これくらいの検査なので入院日数は1日ということが多いです。
入院日数が2日以上になることはほとんどありません。

もし子宮筋腫で検査入院にとなっても
心配せず、しっかりと検査を受けてくださいね。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫を腹腔鏡で手術した場合の手術費用は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る