子宮筋腫でお腹の張りやガスの症状がでるの?

子宮筋腫 症状 お腹の張り ガス

子宮筋腫ができるとお腹が張ることがあります。
まるで妊娠5ヶ月くらいのお腹になることだってあるんです。

理由はそもそも子宮自体が握りこぶし1個分くらいの大きさしかないのに
子宮筋腫自体が10cm以上の大きさになることもあるからです。

子宮筋腫でお腹が張るだけでも、
恥ずかしいわけです。

彼氏や旦那から「お前太ったな」と言われるかもしれませんし、
プールに行くと、周りの目が気になってしまうことでしょう。

ただ、子宮筋腫の場合、症状としてはお腹の張りだけではありません。
「プープー」ガスがよく出るようになるんです。

なぜ子宮筋腫ができるとガスがたくさん出るようになるのでしょう?

なぜ子宮筋腫ができるとお腹が張ってガスがでるの?

お腹ポッコリ

子宮の周りには腸や膀胱があります。
子宮筋腫ができると腸をどんどん押すことがあるんです。

すると、ウンチがうまく子宮筋腫が押している部分を越えて
通過できなくなることもあります。
その結果、便秘になったりします。

オナラ(ガス)ってウンチから発生します。
快便の後に、オナラが出る人はあまりいないでしょう。
腸にウンチがたまっている人の方がオナラは出やすいです。

なので子宮筋腫で便秘になると、たまっているウンチから発生したガスが
腸を通過してオナラとしてたくさん出てくるわけです。

これが子宮筋腫でガスがでる原因です。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の大きさが2センチってどんな感じ?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る