子宮筋腫の原因はエストロゲン?

子宮筋腫 原因 エストロゲン

子宮筋腫のことが気になっているんですね。
「どうして子宮筋腫なんてできちゃったんだろう」
とか、「子宮筋腫ってどうしてできるのかな」
と子宮筋腫の原因について知りたいのではないでしょうか。

子宮筋腫の原因ってネットでいろいろ言われています。

たとえば子宮筋腫の原因として

・男性との仲良し(性交渉)
・ストレス
・ばい菌

など言われています。

スポンサードリンク




でも、どれも子宮筋腫の直接的な原因ではないんです。

子宮筋腫の原因は100%胸を張って言えるほど
はっきりとはわかっていません。

ただ少なくともエストロゲンが子宮筋腫の原因だと言われています。
エストロゲンは女性ホルモンの一種です。

精神状態を安定させたり、体型を維持するのに役立っています。
他にもエストロゲンがないと定期的に生理が来ません。

エストロゲンは子宮筋腫の原因

それくらい女性にとっては必要不可欠なホルモンです。
でもエストロゲンの量が多すぎると子宮筋腫の原因になるのではないか
と考えられています。

エストロゲンって閉経がくると分泌量が減ります。
すると、子宮筋腫が改善することもあるんです。

また、子宮筋腫の原因がエストロゲンなので
治療として、エストロゲンの量を減らすお薬を使うこともあります。

さらに詳しくは子宮筋腫について学んでみたい方は
こちらの書籍をおすすめします。
子宮筋腫これで安心最新版 手術する?しない?あなたに最適な治療法ガイド (ホーム・メディカ安心ガイド) [ 東舘紀子 ]

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫専門サイト目次

子宮筋腫の原因はエストロゲン?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

細菌が子宮筋腫の原因になることってあるの?
進行性乳がんとは?どんな症状がでるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 8月 22日
  2. 2017年 8月 22日
  3. 2017年 8月 25日

ページ上部へ戻る