子宮筋腫の術後いつになったら仕事復帰できる?

子宮筋腫 術後 仕事復帰

お仕事をしていると手術って受けづらいですよね。
長期間、会社を休むとなると、
上司に「手術を受けるんで会社を休んでもいいですか?」
と言いにくいものです。

だって、もし子宮筋腫の手術を受けたら
仕事復帰までに1ヶ月以上かかるんだったら
そう簡単に会社を休めないでしょう。

そこでこの記事では子宮筋腫の術後、仕事復帰までの期間は
どれくらいなのか、解説していきます。

子宮筋腫の術後、仕事復帰までどれくらいかかる?

子宮筋腫の手術

まず子宮筋腫の手術といっても1種類ではありません。
いろいろあるってことです。

あなたにした手術方法によって仕事復帰までの期間が違ってきます。

子宮筋腫の手術方法には

・お腹をメスで切って開ける開腹手術
・目立たないほどの小さな傷でできる腹腔鏡手術
・子宮鏡下手術
・膣式手術
・子宮動脈塞栓術

などがあります。

術後の仕事復帰までの目安としては

・開腹手術なら1ヶ月
・腹腔鏡手術なら2週間くらい
・子宮鏡下手術なら1週間くらい
・膣式手術なら1週間くらい
・子宮動脈即戦術なら2週間前後

です。

ただ、あなたの体力やできていた子宮筋腫の大きさなどによっても
仕事復帰までの目安が変わってきます。

たとえば体力が落ちている方は高齢の方ほど
入院期間は長くなりやすいです。
そのため仕事復帰までの期間は長くなります。

若いとか体力があるなら仕事復帰までの期間は短くなります。

なので詳細は主治医の先生に聞いてみるようにお願いします。

こちらも参考に! ⇒なぜ子宮筋腫で吐き気の症状がでることがあるの?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 28日

ページ上部へ戻る