少量の不正出血しかも鮮血が止まらない3つの原因とは?

ナプキン

少量であっても鮮血が止まらずパンツが血みどろになっていたら
頭が真っ白になってしまうと思います。

もし少量の鮮血が生理と関係ないなら
不正出血が原因です。

不正出血とは生理と関係のない陰部からの出血を言いますから。
しかも少量であっても不正出血が止まらないようなら
精神が破たんするくらい恐怖を感じるかもしれません。

そこでこの記事では少量であっても鮮血の不正出血が止まらない
原因を3つご紹介したいと思います。

少量でも不正出血(鮮血)が止まらない3つの原因とは?

少量の不正出血が止まらない原因1.うつる病気

トイレ

トイレでウンチをした後、ティッシュでお尻を拭くときに
ばい菌が膣に侵入することがあります。

あるいは旦那さんや彼氏と性交渉時に
ばい菌が膣に侵入することがあります。

その結果、膣に炎症が起こり、出血することがあります。
鮮血は出血して間もない血液です。

血液は出血してすぐは鮮血ですが
時間がたつと赤茶色っぽくなり、最後は黒っぽくなります。
鮮血ということは出血したてということです。

そう考えると膣付近の出血の可能性が高いことから
ばい菌や性病の菌によって膣炎を起こしている可能性が考えられます。

少量の不正出血が止まらない原因2.妊娠している

妊娠

妊娠したばっかりの頃は着床出血という出血を起こすことがあります。
受精卵が子宮に着床したときに起こる出血のことを着床出血と言います。

もし妊娠が原因で不正出血を起こしているなら
排卵日から数日後に起こります。

排卵日は生理がくる2週間前です。
ですから、生理がくる1週間くらい前あたりに不正出血があり
しかも心当たりがあるようなら着床出血の可能性があります。

少量の不正出血が止まらない原因3.排卵

排卵

生理がくる2週間前に排卵が起こります。
なので排卵日あたりに不正出血があったようなら
排卵が原因で出血している可能性があります。

以上が少量の不正出血(鮮血)が止まらない3つの原因です。
ただ他にも子宮の病気、たとえば子宮頸がんや子宮体癌によっても
不正出血が起こります。

なのでご心配な方は必ず婦人科を受診するようにお願いします。

こちらも参考に! ⇒不正出血とはどんな色が出る出血なの?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 13日
  2. 2017年 9月 17日
    トラックバック:更年期に不正出血が続く原因
  3. 2017年 9月 19日
  4. 2017年 9月 25日
  5. 2017年 10月 02日

ページ上部へ戻る