なぜ子宮肉腫で咳の症状がでるの?

子宮肉腫 症状 咳

子宮肉腫は放っておいたら全身に転移して手遅れになってしまう
すごく怖い悪性腫瘍の一種です。

もし子宮肉腫で手遅れになってしまったら
旦那さんや彼氏、家族と二度と会えなくなってしまいます。
旦那さんや彼氏は他の女性と結婚するかもしれません。

毎晩恐怖で動揺してしまい心臓がドキドキして
不眠症になってしまう方もいます。
精神安定剤を毎日飲むことくらいしか対処できなくなるわけです。

子宮肉腫はそれくらい恐ろしい病気です。

で、子宮肉腫は子宮にできる悪性腫瘍です。
なのに咳の症状が出ることがあります。

なぜ子宮肉腫なのに咳の症状がでることがあるのでしょうか?

子宮肉腫なのに咳の症状がでる原因は?

子宮肉腫

子宮肉腫は先ほども言いましたが
放っておいたら全身に転移して手遅れになる病気です。

転移する場所は肝臓や肺が多いです。

子宮肉腫が肺に転移することで咳の症状が出てくるんです。
このことを転移性肺がんといいます。

もし転移性肺がんの症状なら
1週間しても咳が改善することはありません。咳が治りません。
どうして転移性肺がんなら咳の症状が治らないのでしょう?

肺がんが肺や気管支を刺激し続けるからです。
つまり肺がんが消えない限り咳の症状が治らないわけです。

最後にまとめますと子宮肉腫で咳の症状がでる原因は
肺に腫瘍が転移したからです。
相当末期の症状だと言えるでしょう。

こちらも参考に! ⇒子宮肉腫の初期症状は?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 13日
  2. 2017年 9月 18日

ページ上部へ戻る