生理後に不正出血を起こす5つの原因とは?

不正出血 原因 ストレス

生理が終わったと思ったらまた陰部から出血していたら、
パニックになるかもしれませんね。

生理でない時期に起こる陰部からの出血を不正出血と言います。
不正出血が起こるのは、当然ですが何らかの原因があって起こっています。

この記事では特に生理後に不正出血を起こす原因を5つご紹介したいと思います。

生理後に不正出血を起こす原因を5つご紹介します

原因1.排卵期

排卵日

生理がくる2週間前に排卵があります。
排卵した時にあなたの体の一部が傷ついて出血することがあるんです。

で、生理がくる2週間前は生理後、約2週間ということと同じ意味です。
なので排卵が原因で不正出血を起こすことがあります。

原因2.女性ホルモンの分泌が異常

女性ホルモン異常

生理は女性ホルモンの影響で起こります。
なので女性ホルモンの分泌が異常だと
生理の時以外にも、生理のような出血が起こることがあるんです。

女性ホルモンの分泌異常は

・過剰なダイエット
・徹夜残業や徹夜の勉強など不規則な生活
・いじめられているなどのストレス

などが原因で起こります。

心当たりのある方は婦人科で診察を受ければ
治療が可能です。

原因3.膣周辺に傷ができている

ナプキン

たとえば生理時につけていたナプキンが原因で
陰部が蒸れ過ぎてしまい、傷ができてしまうことがあります。
その結果、出血が起こるわけです。

こんな感じで陰部周辺に傷ができるだけでも生理後に不正出血を起こすことがあります。
この場合だと、陰部が痛痒いような感覚があると思います。

原因4.性交渉

性交渉

生理後は性交渉が可能です。
ただあまりに激しい性交渉だと膣が傷ついてしまいます。
その結果、不正出血を起こすことがあるわけですね。

原因5.更年期

更年期

閉経が来る少し前から閉経が来るまでの時期を更年期と言います。
更年期は女性ホルモンの分泌が悪くなります。

原因2でも書きましたが
女性ホルモンの分泌異常は不正出血の原因になります。

もしあなたが40代以上なら更年期の可能性もあります。
更年期かどうかは婦人科で診察を受ければわかります。

こちらも参考に! ⇒少量の不正出血しかも鮮血が止まらない3つの原因とは?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る