子宮筋腫でレバー状の症状が!どれくらいの大きさなら病院に行くべき?

子宮筋腫 症状 レバー 大きさ

陰部からレバー状の血液の塊が出てきたら
頭が真っ白になるほど不安になると思います。

しかも子宮筋腫ができているようなら
「もしかして子宮筋腫が悪化してきたのかな、子宮全摘手術を
受けないといけないのかな」と夜も寝れないほど恐怖を
感じるかもしれません。

実際、子宮筋腫の症状として生理痛がひどくなったり
経血の量が増えることがあります。

ただ、子宮筋腫であってもそうでなくても
レバー状に固まった血液が出てくることはあります。

生理でも出ます。

レバー状の血液が陰部から出たから、
絶対に危険だというわけではありません。

そこでこの記事ではレバー状の血液がどれくらの大きさだったら
心配した方がよいのか、解説したいと思います。

子宮筋腫でレバー状の血液が!どれくらいの大きさなら病院に行くべき?

小指の先なら大丈夫

まず子宮筋腫ができていなくても小指の先ほどの大きさの塊なら
生理中に出てくることは普通にあります。

だから小指の先ほどの大きさなら、
そこまで心配する必要はないでしょう。

もちろんたまには婦人科に子宮頸がん検診や子宮筋腫の検診に行くことをおすすめします。
話は戻って小指の先以上の大きさの血液の塊がたくさん出てきたりするようなら
子宮筋腫が悪化している可能性があります。

そんな場合にはできるだけ早く婦人科を受診することをおすすめします。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の大きさは?1年でどれくらいのスピードで大きくなる?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 09日

ページ上部へ戻る