子宮腺筋症による強烈な痛みの原因とは?

不正出血 原因 ストレス

子宮腺筋症は原因がはっきりしていない病気です。
なので子宮腺筋症だと診断されたら、
すごく不安で夜も寝れなくなるでしょう。

なぜなら、子宮腺筋症の痛みは出産の痛みよりも痛いと
表現する方もいるくらいの激痛だからです。

そんな痛みに耐えないといけないなら
死にたくなるでしょう。

実際、同じくらいの激痛になる病気に群発頭痛があります。
群発頭痛は別名自殺頭痛と呼ばれていますから。

それくらいの痛みを伴う子宮腺筋症ですが。
痛みを感じる原因って何でしょう?

子宮腺筋症で痛みを感じる原因は?

有力な説

まず子宮腺筋症で痛みがでる原因が完全にわかったわけではありません。
ただ有力な説があります。

子宮腺筋症になっている部分というのは
他の正常な子宮よりもコチコチに固くなっています。

生理になると、子宮がギュッと収縮するのですが
そのときにコチコチに固くなった部分が強く引っ張られて
そのときに激痛がでてくる
と考えられています。

他の説もあります。

子宮腺筋症になると痛みを感じさせる物質であるプロスタグランジン
増えることがわかっています。
そのため子宮腺筋症になると強い痛みが出るのではないかと考えられています。

こちらも参考に! ⇒子宮腺筋症かどうかチェックする3大症状とは?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る