着床出血っていつくるもの?

着床出血 いつくる

生理以外の原因で陰部から血液が出て来たらびっくりします。
極度にビビりな方でなくても不安になるでしょう。

生理以外で陰部から出血する原因の一つに着床出血があります。

旦那さんや彼氏との性交渉して
生死と卵子が出会うと受精卵になります。
受精卵は移動しながら細胞分裂を繰り返します。

着床

そして受精卵は最後は子宮内膜という膜に根を下ろします。
このことを着床というんです。

で、子宮内膜は結構、柔らかくて弱いです。
なので受精卵が根を下ろすときに
子宮内膜が傷ついて出血することがあるんです。

その結果、陰部から血液が出て来るわけです。
これを着床出血といいます。

ところで着床出血は妊娠したら100%起こる症状ではありません。
直小出血が起こる確率は約2%です。

100人妊娠した女性がいたら、そのうち2人にしか
着床出血は起こらないということです。

なので着床出血がないからといって
妊娠していないというわけではありません。
そんな兆候がなくても妊娠していることがあるってことです。

もし着床出血があるとしたらいつくるものなのでしょうか?

着床出血っていつくるものなの?

着床出血

結論としては、生理がくるから逆算して1週間前から当日までの間に
着床出血が起こる可能性が高いです。

別の言い方をしますと、排卵日から2週間後に生理がきます。
だから、排卵日から1週間後以降に着床出血が起こります。

着床出血は受精卵が関係しています。
だから排卵がないと起こりません。

排卵日あたりに受精した受精卵は約1週間くらいかけて
子宮内膜に着床するんです。

なので排卵日から1週間後以降に着床出血が起こるわけです。
それから排卵日は基礎体温を毎日つけていればわかります。

基礎体温についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
基礎体温と排卵日の関係は?

こちらも参考に! ⇒着床出血が続く期間は?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 21日
  2. 2017年 9月 22日
  3. 2017年 9月 23日
  4. 2017年 9月 27日
    トラックバック:排卵出血の原因
  5. 2017年 9月 30日

ページ上部へ戻る