インプランテーションディップっていつ起こる?

着床出血 時期 基礎体温

旦那さんや彼氏との仲良しして、
そのあと、生理前に吐き気がしたら
「もしかして妊娠したかな・・ ・」と期待と不安で
いっぱいになると思います。

望まない妊娠だったら、不安で情緒不安定になってしまうかもしれませんが。

で、妊娠しているかどうかの判断の一つに妊娠検査薬があります。
他にも基礎体温もあります。

で、基礎体温でも妊娠している場合には
インプランテーションディップという兆候が見られることがあります。

インプランテーションディップとは、
基礎体温が高い時期に一瞬だけ体温が下がる現象をいいます。
インプランテーションディップは受精卵が子宮に着床した場合に起こる現象です。

ではインプランテーションディップって時期的にはいつ起こるものなのでしょうか?

インプランテーションディップって時期的にはいつ起こるもの?

基礎体温

インプランテーションディップはいつ起こるか?理解するために
生理周期について簡単に解説しますね。

女性の生理周期は
生理が始まってから排卵日あたりまでの時期と
排卵日から生理が来るまでの時期の2つに分けることができます。

生理が始まってから排卵日までの時期を低温期といって
基礎体温が36℃台前半と低くなります。

それから排卵日から生理が来るまでの時期を高温期といって
基礎体温が37℃台近くまで高くなります。

で、インプランテーションディップは妊娠の兆候の一つです。
だから排卵日よりも後でないと起こるはずがありません。

そう言った意味では高温期にインプランテーションディップが起こります。
しかも受精卵が子宮内膜に移動する着床という時期は
排卵があって受精してから約1週間後です。

そう考えると排卵があって、
高温期になって1週間後くらいにインプランテーションディップ、
つまり一時的な基礎体温の低下が起こるということになります
ね。

ただインプランテーションディップは1日だけ下がる現象です。
なので毎日基礎体温を測っていないと
見落としてしまいます。

なので妊娠を期待していたり、心配している人は
毎朝、基礎体温を測るようにしましょう。

こちらも参考に! ⇒着床出血っていつくるもの?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 26日

ページ上部へ戻る