ストレスは子宮筋腫の原因になるの?

リュープリン 出血 続く原因

子宮がメロン大の大きさになる病気に子宮筋腫があります。
それくらいの大きさに子宮筋腫がなる原因はエストロゲンです。

エストロゲンは女性ホルモンの一種で
量が増えると、子宮筋腫ができ始めて、少しずつ大きくなっていきます。

なので子宮筋腫の治療法の一つに
あなたの体内で分泌されるエストロゲンの量を抑えるお薬を
投与する方法があるくらいです。

ところで「ストレスが子宮筋腫の原因になるのでは?」
と心配している人がいます。

頭のハゲた60歳くらいの加齢臭のする上司から
「お前何にも仕事できないな!」とバカにされたり
「俺と一緒に、仕事終わったら飲みに行こうよ」
と誘われたりすると、イライラしてストレスがたまると思います。

男性医師の診察

あるいは子宮筋腫の診察中に
27歳くらいの若造男性医師に
あなたが「子宮筋腫の原因にストレスとかあるんですか?」
と聞いたら、「チッ」と舌打ちされたりしたら
相当ストレスがたまると思います。

子宮筋腫ができると、できた筋腫の分だけお腹がポッコリすることがあるのですが
プールで友達から「お腹出てるね」と言われて
距離を置かれたりしてもストレスを感じると思います。

では子宮筋腫ってストレスが原因でできたり
ひどくなったりするものなのでしょうか?

子宮筋腫ってストレスが原因?

エストロゲン

先ほども言いましたけど、
子宮筋腫の原因はエストロゲンという女性ホルモンです。

で、ストレスを感じると脳の視床下部というところがうまく機能しなくなります。
脳の視床下部はエストロゲンを作って分泌する卵巣と関係しているんです。

なのでストレスで脳の視床下部がうまく機能しなくなることで
うまく卵巣をコントロールすることができなくなります。

そしてエストロゲンが過剰になったりしてしまうことがあるんです。
その結果、子宮筋腫ができたりひどくなったりすることがあります。

したがってストレスは子宮筋腫の原因になります。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の痛み和らげる3つの方法

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 17日

ページ上部へ戻る