なぜストレスが原因で不正出血を起こすことがあるの?

不正出血 原因 ストレス

生理でもないのに
突然、アソコから血が出てきたら、不安と恐怖で
夜も眠れなくなると思います。

そんな症状を不正出血と言います。

不正出血の原因には

・子宮体癌
・子宮頸がん
・性病

など、いろいろあります。

他にもストレスでも不正出血が起こることがあります。
なぜストレスが原因です不正出血が起こることがあるのでしょう?

以下、詳しく解説していきます。

ストレスが原因です不正出血を起こす原因とは?

不正出血

まず大前提からお話しします。
女性ホルモンの分泌量が減ると出血しやすくなるんです。

生理だってそうです。

じゃ、どうして女性ホルモンの分泌量が減るのでしょう?
まず女性ホルモンというのは脳の視床下部という場所からの指令で
卵巣から分泌されているんです。

ところで上司に殴られたり、
徹夜残業したりしてストレスを感じるところはどこでしょう?
答えは脳です。

だからストレスを感じると脳がうまく機能しなくなるんです。
そのため、脳から卵巣に「女性ホルモンを作って!」
という指令もできなくなります。

その結果、女性ホルモンの量が減って不正出血が起こることがあるんですね。

こちらも参考に! ⇒少量の不正出血しかも鮮血が止まらない3つの原因とは?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る