排卵出血っていつから始まるもの?

排卵出血 いつから

排卵出血とは、排卵が起きた時に起こる出血のことです。
他にも陰部から出血するものに生理や着床出血があります。

もちろん着床出血は妊娠した結果、
起こる出血です。

そういった意味ではあなたに起きた出血が
排卵出血なのか着床出血なのか
見分ける必要があるわけです。

で、見分け方の一つに「いつ」排卵出血が起こるのか?があります。
出血が起こる時期がわかれば、
あなたに起きた出血が排卵出血なのか、ある程度わかります。

そこでこの記事では排卵出血っていつ起こるのか、解説しますね。

排卵出血っていつから始まるの?

排卵出血

排卵出血は排卵時に起こる出血のことです。
なので排卵日がわかれば排卵出血はいつから始まるのかがわかるわけですね。

では排卵日っていつでしょう?

排卵日は生理がくる2週間前にきます。
生理日が安定しているなら、わかりやすいですね。

たとえば9月30日が生理予定日なら
そこから2週間前(14日前)に生理がきます。

なので9月16日あたりから排卵出血が起こる可能性が高いです。

こちらも参考に! ⇒少量の不正出血しかも鮮血が止まらない3つの原因とは?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る