腹腔鏡による子宮筋腫全摘手術の特徴は?

子宮筋腫 手術 全摘 腹腔鏡

腹腔鏡手術だと傷跡が少ないので
みんなにバレずに手術を受けることができますよ。

だから子宮筋腫の治療目的で腹腔鏡手術を望んでいる方は多いです。
ただ子宮筋腫の完治を目指すなら子宮全摘手術になります。

この記事では腹腔鏡による子宮全摘手術の特徴について解説します。

腹腔鏡で子宮全摘手術を行う場合の注意点

注意点

まずすべての子宮筋腫で全摘手術ができるってわけではありません。
全身麻酔であなたの意識を奪って
お腹に小さな傷を作って、そこから手術器具を入れて手術します。

なのであまりに大きすぎる子宮筋腫だと全摘手術はできません。
可能な大きさとしては子宮が手拳大くらいまでです。

これより大きいとお腹をガバッと開けて全摘手術をするしかありません。
あと、いくら腹腔鏡で全摘手術をするといっても
腹腔鏡を入れた穴から子宮を摘出するわけではありません。

膣式といって、膣から子宮を摘出するのが普通です。

あと、痛みですが。

いくら腹腔鏡手術で、傷跡が小さいといっても
やってることは開腹手術と同じです。

開腹手術と同じような痛みを術後、感じることになります。
ただ術後の痛みは2〜3日で改善することが多いです。

この辺は個人差があります。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫手術の入院期間と職場復帰までの期間は?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る