妊娠検査薬はインプランテーションディップが出てどれくらいで使えるの?

インプランテーションディップ 検査薬

インプランテーションディップの兆候があったら
「やったー妊娠している!」
と嬉しい気持ちになるでしょう。

ちなみにインプランテーションディップが
起こる時期についてはこちらの記事をご覧ください。
インプランテーションディップはいつ起こる?

ところでインプランテーションディップは妊娠の兆候です。
ただ着床したくらいの時期なので
妊娠検査薬を使っても、まだ早すぎてわかりません。

ではインプランテーションディップが出て
どれくらいの期間をあけたら妊娠検査薬を使ってもよいのでしょう?

 

インプランテーションディップが出てから妊娠検査薬を使えるのはいつ?

妊娠検査薬

妊娠検査薬は妊娠した時に分泌されるホルモンに反応して結果がでます。

具体的にはHCGというホルモンです。
妊娠すると、オシッコの中にHCGというホルモンがたくさん出るんです。

ただ、HCGの量が50IU/L以上ないと妊娠検査薬で陽性反応が出ません。
HCGの量が50IU/L以上になるのは生理予定日あたりからです。

で、着床は生理予定日の1週間くらい前に起こり、
インプランテーションディップも同じくらいの時期に起こります。

インプランテーションディップが起きて1週間後くらいが生理予定日です。
したがって、インプランテーションディップがあって1週間後くらいに
妊娠検査薬で検査するとわかります。

ただ、妊娠検査薬によっては生理予定日がすぎて何日後
と具体的に書いてあります。

その場合には、その妊娠検査薬の指示にしたがってくださいね。

こちらも参考に! ⇒インプランテーションディップが起こる確率は何%?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る