排卵出血の原因

排卵出血 原因

排卵出血は排卵が起こる時期に起こる出血のことです。
排卵は排卵日にあります。

排卵日は生理が始まる日の2週間前にあります。
なので排卵出血も生理開始日の2週間前にあるわけですね。

ちなみに排卵出血と似たような出血に着床出血があります。
ただ着床出血は排卵出血が起こる時期とは違う時期に起こります。

なので着床出血と排卵出血は区別が可能です。
詳しい着床出血の時期についてはこちらの記事をご覧ください。
着床出血っていつくるもの?

ところで排卵出血は排卵があったら
必ず起こるものではありません。

ある原因の結果、排卵出血が起こるんです。
詳しい原因については以下をご覧ください。

排卵出血が起こる原因は?

排卵出血

排卵出血は女性ホルモンのバランスが崩れた結果、起こるといわれています。

女性ホルモンには

・エストロゲン
・プロゲステロン

の2種類があって、
普段はバランスよく分泌されています。

でも排卵が起こる時期というのはエストロゲンの量が急激に減り
プロゲステロンの量が急激に増える時期なんです。

なので排卵日というのは女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期なんです。
エストロゲンやプロゲステロンというのは子宮内膜という膜を
厚くしたり剥がしたりする作用があります。

そんなこともあって、
排卵時に女性ホルモンのバランスが崩れたっ結果
子宮内膜が剥がれ落ちて出血することがあるんです。

これが排卵出血です。

こちらも参考に! ⇒排卵出血っていつから始まるもの?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る