子宮筋腫の内診検査ってどんなことをするの?

子宮筋腫 内診 検査

パンツを脱いで台の上に寝て股を開いて
お医者さんに膣から検査器具で覗かれる検査を内診といいます。

特に上記のような内診検査は子宮頸がん検診で行われます。
慣れていないとかなり恥ずかしいです。

できれば内診検査なんて受けたくないものです。

では子宮筋腫の内診検査も
子宮頸がん検診のような検査になるのでしょうか?

子宮筋腫の検査としての内診ってどんなことをするの?

超音波検査

子宮筋腫の検査は経膣エコーという検査になることが多いです。
お腹の腎臓や膀胱などを画像で調べる検査機器がエコーです。

子宮筋腫の場合には膣からエコーの器具を入れて
子宮や卵巣の大きさや子宮筋腫などのシコリができていないか調べます。

ただこれは内診ではありません。

内診ではやはり膣にお医者さんが指を入れて
片方の手であなたのお腹をグイグイ押しながら
子宮や卵巣にシコリができていないか感触で調べます。

内診検査や慣れれば、そんなに恥ずかしくありませんし
お医者さんも、変な目であなたを見ているわけではありません。

子宮筋腫だけでなく、ガンなども内診で調べていますから
不安がらずに受けるようにしてくださいね。

こちらも参考に! ⇒子宮筋腫の検査費用はいくら?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る