なぜ子宮腺筋症治療でピルを使うの?

子宮腺筋症 治療 ピル

子宮腺筋症は、子宮内膜の筋肉層に子宮内膜の組織が入り込み
増殖する病気です。

子宮腺筋症の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、
女性ホルモンのエストロゲンが深く関係していると言われています。

主に、30代後半から40代の女性に多くみられる病気で
激しい月経痛、月経過多、月経期間の延長などが起こります。

子宮腺筋症の治療で一番確実な方法は子宮をすべて摘出する手術を
することです。

ピル

しかし、これから妊娠や出産を考えている女性や若い女性には
子宮を全摘すると、妊娠、出産はできないため手術以外の方法で
治療が行われます。

子宮腺筋症の症状の対症療法としてピルが使われます。
ピルには、ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

ただし、ピルによる治療は、子宮腺筋症に伴う症状を
軽くするためであり、完治することはできません。

ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
ピルを定期的に服用することで、身体が妊娠していると勘違いし排卵が止まります。

排卵が起きないことで生理痛や、過多月経などの辛い症状を
改善してくれるということですね。

ピルは、子宮腺筋症の治療だけでなく、予防にも用いられます。
ただ、ピルを服用することによる副作用が起こることもあります。

子宮腺筋症の治療で、ピルを使う場合は定期的に医師の診察を受ける
ことが大切です。

こちらも参考に! ⇒子宮腺筋症は堕ろすことが原因で発症するの?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る