子宮筋腫の検査って痛い?

医師

初めて子宮筋腫の検査って
ものすごく緊張すると思いますし、不安もあるでしょう。

で、「子宮筋腫の検査って痛いんじゃないかな。
もし痛いなら嫌だな」と検査を受ける前っていろんな不安や恐怖を感じるものです。

しかも検査で痛みを感じているときに
医者に「そんなことで痛がってるの?」
みたいな目で見られたら、やり場のない怒りを感じてしまうでしょう。

あなたも経験ないですか?

医者にとってよくある質問をこちらがすると
そんなショウモナイ質問をしてくるなよ」という目で
見返してくることって。

そんな先生に当たったら、すぐに担当医を変えてもらうか
転院しましょうね。

それではここからが本題です。

子宮筋腫の検査って痛いのでしょうか?

スポンサードリンク



子宮筋腫の検査って痛いの?

子宮筋腫の検査

子宮筋腫の検査には

・内診(膣に指や検査器具を入れる検査)
・超音波検査やMRIなどの画像検索
・触診(体の外から触る検査)

などがあります。

で、子宮筋腫の検査が痛いかどうかは内診にかかっています

性体験を経験している女性なら
内診で痛みを感じることはほとんどありません。
例外的に相当緊張していて体がガチガチに固まっている場合には
内診で痛みを感じることはあります。

もし性体験を経験していないなら内診で痛みを感じてしまうかもしれません。
子宮頸がんの検査なら、性体験を経験していないなら受ける必要はありません。

ヒトパピローマウイルス

子宮頸がんの原因は男性との性交渉時に
ヒトパピローマウイルスというウイルスをうつされることだからです。

だから性体験のない女性が子宮頸がんになることはありえないんです。
でも子宮筋腫はエストロゲンという女性ホルモンの量が多いことが原因で起こる病気です。

なので性体験がなくても子宮筋腫になることはあります。
そう言った意味では、子宮筋腫の検査で痛みを感じる女性がいるのは事実です。

でも性体験をしている女性やリラックしている女性は
子宮筋腫の検査で痛みを感じることはほとんどないでしょう。

こちらも参考に! ⇒生理中でも子宮筋腫の検査ってできるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 01日

ページ上部へ戻る